妬まれる人間になれ

妬み(ねたみ)= 羨望(せんぼう)

羨望とは、自らの持たない優れた特質、業績、財産などを他社が持つときに起こる、それらへの渇望、ないしは、対象がそれらを失うことへの願望である。羨望は他者が、自分が持たない望ましい物品を持つときに、自己肯定感の低下という感情的な苦痛として現れる場合がある。バートランド・ラッセルは羨望は不幸の最も強力な原因であると述べている。

Wikipediaより

最近、インスタグラムではフォローしてくださる方が増えてきましてとても感謝しています☺

しかし、それと同時に僕のことをあまりよく思わない方も増えてきているようです。

一番直近であった事例をあげると、自分の小学生時代の同級生が僕のインスタグラムのアカウントを見つけたらしく、それについて「しょーもないことやってるな」と地元の友人たちに言いまわっているらしいです。

僕は彼に一言だけ伝えたいことがあります。

「ありがとう」と。

妬みは成長の証

自分はこれからも妬まれる人間でありたいと思っています。

人は、相手に対して「負けた」と感じた時に、それを認めたくないがために妬んだり僻みを言う。その人を自分のレベルまで引きずり降ろそうとする。

分かりやすくいうと「私はあなたには勝てません」と白旗を振ってくれているということ。

別にどうでもいい人、興味のない人には何も言いませんよね?

道端ですれ違った知らない人に何でその服着てるの?とかいきなり言わないですよね?

そんな人がいたら僕は「あなた面白いね!」と言って握手すると思います(笑)

だから妬まれたり僻みを言われることが多くなったということは、自分が成長しているという証。

自分が人の興味を惹きつける人間になって羨ましがられる人間になったという証。

それをわざわざご丁寧に教えてくれているのだから、妬まれる人に僕は「ありがとう」と言いたいです🤤

そして応援してくださる方にはもっと感謝してお礼を言いたいです😊

ゆず🍋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA